« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月17日
 ■ 奄美の花

%E8%BB%8A%E8%BC%AA%E6%A2%85.jpg
この花は、車輪梅(シャリンバイ)と言います。大島紬の絹糸を美しい赤褐色に染める
テーチ木(テーチギ)の花の名。
テーチ木の樹液から天然100%の染料が造りだされるのです。まさに草木染の王様。
今、宇検ではこの車輪梅が満開を迎えています。
青い空に、光沢のある葉っぱ白い小さな花は地中海のオレンジ畑を見上げてるような
…なんてちょっと言い過ぎちゃいました。
私は、あの迫力満点!の緋寒桜よりなんとなく好きですね。
この島は一年を通じて花の多い所です。島に暮らしてから3度目の春を過ぎ、ようやく
花の咲く順番がわかってきました。次は、宇検村の道々に咲く自生のゆり。
楽しみです。
ちなみに宇検食堂で使用していますランチョンマットは紬の糸を染めるのと同じ手法と
この天然染料を使った“泥染め”のマットです。使うほどにいい赤が出てきています。
その変化もまた、楽しみです。
  

投稿時間 : 19:46 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年04月09日
 ■ 《あばす釣り名人》

%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%83%90%E3%82%B9.jpg
この方が《あばす釣り名人》、と釣り上げられたあばす。
釣りポイントは、焼内湾口の静かな海にある“釣りイカダ宇検”で。
実はT福祉大陸上部の監督、いい笑顔されてますね。
指導されてる時はどうでしょうか?学生さん達に聞けばよかった!
あばすは餌に食いつかないから、横腹に釣り糸を引っ掛けて、
ククッと上げるんだそうです。やってみたい!
あばすの唐揚、あばす汁ごちそうだそう…その場にいた役場の人も
宇検食堂の料理人も口を揃えて言うのですが
なんならごちそうしてね!と言いたい!と言いつつお願いしました。
さばいてもらったけれどまだ小さくてダメでした。
残念!          
      
      
      

投稿時間 : 13:37 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年04月03日
 ■ 若者の続き

%E3%82%A2%E3%83%90%E3%82%B9.jpg
若者とは、先日この宇検村に合宿にお越しいただきました
T福祉大陸上競技部の皆さんのこと、もちろんやけうちの宿にお泊りいただきました。
そして、若者の人だかりの中心にいたもの、この事件の犯人ならぬ犯魚は、
島口では《あばす》、一般的には《ハリセンボン》という魚です。
この《あばす》は大型のものになると、東京の築地あたりでは
2万円はする高級魚だそうです。島料理でも人気の魚で、島内の居酒屋さんなどの
店内にディスプレイされてたりします。見かけた時は‥2万円…なんて
想像してみてくださいね。
次にこの《あばす釣り名人》をご紹介します!

投稿時間 : 15:03 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)